Hakuhodo DY Music & Pictures Inc.

SHARE

キラー・エリート
キラー・エリート

Award & Review映画の評価

Introductionイントロダクション

ジェイソン・ステイサム、クライヴ・オーウェン、ロバート・デニーロ、
豪華3大スター共演による究極のノンストップ・アクション!
世界最強の特殊部隊VS世界最高の暗殺者

SASによるオマーン戦争関与、英国政府も絡んだ極秘組織の存在…。1991年に発行されて以降、その真実性について物議を醸し続ける問題作を基に描かれるサスペンス・アクションが誕生。手に汗握る緊張のシーンの連続、メキシコからオーストラリア・イギリス・フランス・オマーンへと舞台をまたぐ壮大なスケール、さらにはプロ同士によるハイレベルの激突は、否応なしにスリルを高め、興奮をあたえてくれる。主人公、元敏腕の殺し屋ダニーには当代最高のアクション・スター、ジェイソン・ステイサムが扮し、スキのない凄みを遺憾なく見せつける。対峙する元SASの特殊部隊員スパイクには、英国きっての演技派クライヴ・オーウェン。そして、ダニーのかつての相棒ハンターを演じるのは、言わずと知れた名優ロバート・デ・ニーロ。スクリーンに映るだけで緊張するこの3大スターの豪華共演が、それぞれのキャラクターに更なる強い説得力をもたらす。ゲイリー・マッケンドリーの卓越した演出により、ノンストップの迫力をみなぎらせた『キラー・エリート』。センセーショナルな結末まで、目が離せない!

Storyストーリー

1980年、メキシコ。極秘ミッションに駆り出された殺し屋のダニー(ジェイソン・ステイサム)は、師匠でもあり良き相棒でもあるハンター(ロバート・デ・ニーロ)とともに、いつものように厳重な警戒を潜り抜け、リムジン内の標的を暗殺。しかし、同乗していた目撃者である10歳の少年に向かって引き金を引くことがどうしてもできなかった。自身の限界を悟ったダニーは、危険な稼業から足を洗う。1年後、オーストラリアの農場で恋人と静かに暮らしていたダニーの元に、ハンターのポラロイド写真が届く。ハンターは“SASの精鋭を事故に見せかけて殺せ”という危険な仕事に失敗し、捕虜となっていた。ダニーはやむを得ず、ハンターが遂行するはずだったこの不可能なミッションを継ぐため、仲間たちを招集。だが、元SASの隊員スパイク(クライヴ・オーウェン)は彼らの不穏な動きを敏感に察知していた。その背後には“フェザー・メン”と呼ばれる謎の組織の存在があり、ダニーへの包囲網は確実に狭まっていく。そして、影で暗躍する謎の“エージェント”の存在。敵の予期せぬ奇襲。徐々に動きが制限される困難な状況下、ダニーは決死の行動に出るが、その先には予想もしなかった事実が存在していた……。

Castキャスト

ジェイソン・ステイサム

ジェイソン・ステイサム

ダニー

クライヴ・オーウェン

クライヴ・オーウェン

スパイク

ロバート・デ・ニーロ

ロバート・デ・ニーロ

ハンター

Staffスタッフ

ゲイリー・マッケンドリー

監督

ラヌルフ・ファインズ

原作

  • 「キラー・エリート」(ハヤカワ文庫刊)

Socialソーシャル

キラー・エリート

Killer Elite

2011年 / オーストラリア / 117分 / ©2011 Omnilab Media Pty.Ltd