Hakuhodo DY Music & Pictures Inc.

SHARE

12/23劇場公開!
フラッグ・デイ 父を想う日
フラッグ・デイ 父を想う日

Award & Review映画の評価

Trailerトレイラー

Introductionイントロダクション

全部、嘘だったの?

大好きな父は犯罪者だったー

胸をしめつける衝撃の実話

原作はジャーナリストのジェニファー・ヴォーゲルの回顧録。『ミスティック・リバー』『ミルク』で主演俳優としてアカデミー賞®を受賞し、監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』が同賞2部門にノミネートされたショーン・ペンが構想15年をかけて監督・主演を果たした。ジェニファーを演じるのは、実の娘であるディラン・ペン。ヒーローのような父への憧れがその実像を知ることで反抗心へと変わり、もがきながらも自立した結果、弱さや矛盾に満ちた父への愛情を深めてゆく娘を多彩な感情表現で演じきった。

タイトルの『フラッグ・デイ』とは、6月14日のアメリカ国旗制定記念日のこと。この日に生まれたジョンは、自分は生まれながらにして祝福されていると感じ、特別な存在として成功する当然の権利があると信じていた。それは彼の人生を大きく左右し、父と娘の重要な日になる。温かく正しいものだけが家族の絆ではなく、問題を抱えた不完全な人間を愛することができる美しさでもあると、観る者の心を激しく揺さぶる真実の物語。

Storyストーリー

1992年、全米にショッキングなニュースが流れる。アメリカ最大級の贋札事件の犯人であるジョン(ショーン・ペン)が、裁判を前にして逃亡したのだ。彼にはジェニファー(ディラン・ペン)という娘がいた。父の犯罪の顛末を聞いたジェニファーは、こうつぶやく──「私は父が大好き」。史上最高額の贋札を非常に高度な技術で偽造したジョンとは、いったいどんな男だったのか?父の素顔を知っても愛情は変わらなかった娘との関係とは?ジェニファーが幼い頃から「平凡な日々を見違えるほど驚きの瞬間に変えた」父との思い出を宝物のように貴い、だからこそ切ない日々がひも解かれていく──。

Castキャスト

ディラン・ペン

ディラン・ペン

娘・ジェ二ファー

  • 『エルヴィスとニクソン~写真に隠された真実』(2016・未)
  • 『Signs of Love』(2022)

1991年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。父はショーン・ペン、母はロビン・ライト。2013年からモデルの仕事を始め、GAPやA SOSなどのキャンペーンモデルを務める。2014年に歌手のニック・ジョナスのMVに出演、2015年に『Condemned』で映画デビューを主演で飾る。2016年、『エルヴィスとニクソン~写真に隠された真実~』(未)に出演し、 弟のホッパー・ペンと共にイタリアのハイカジュアル・ブランド「Fay」のキャンペーンモデルに抜擢される。さらに、短編『Unregistered』(18)でマイアミ国際SF映画祭最優秀女優賞を受賞し、『Signs of Love』(22)では弟と共演する。

ショーン・ペン

ショーン・ペン

父・ジョン

  • 『ミルク』(2008)
  • 『リコリス・ピザ』(2021)

1960年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。『デッドマン・ウォーキング』(95)『ギター弾きの恋』(99)、『I am Sam アイ・アム・サム』(01)でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートされ、『ミスティック・リバー』(03)と『ミルク』(08)で同賞を受賞する。さらに、『デッドマン・ウォーキング』でベルリン国際映画祭、『シーズ・ソー・ラヴリー』(97)でカンヌ国際映画祭、『キャスティング・ディレクター』(98)と『21グラム』(03)でヴェネチア国際映画祭の主演男優賞を受賞するなど、映画史にその名を刻む名優。近作に『博士と狂人』(19)、『リコリス・ピザ』(21)などがある。

Staffスタッフ

ショーン・ペン

監督

  • 『イントゥ・ザ・ワイルド』(07)
  • 『ラスト・フェイス』(16・未)

Mediaメディア記事 | 国内

Socialソーシャル

フラッグ・デイ 父を想う日

FLAG DAY

2021年 / アメリカ / 日本公開:2022年12月23日 / © 2021 VOCO Products, LLC

Most Viewed人気作品

keywordキーワード

Other Trailerおすすめ動画